2011年 01月 31日
マグのストローと鼻吸い器のホース
くだらないです。
でも、個人的にちょっと嬉しかったので。
c0206761_23591444.jpg
これは子どもが使うマグのストローです。
このストローをどうやって洗うかが悩みのタネでした。
ストロー専用のブラシも売っているのですが、
ブラシが一つ増えて、しかもそれを清潔にして保管するのが大変だと敬遠していました。

で、使ったのが毛糸!!
図書館で立ち読みした本に載ってました。

毛糸と糸を結んで、糸をストローの中に通すというものでしたが、
ストローが曲がっているのでこれが結構難しい。

で、楽にできたのが、、、
c0206761_23591743.jpg
爪楊枝方式。
ストローの片側から爪楊枝を使って毛糸を送り込み、
反対側からまた爪楊枝で毛糸を引き出すという単純なもの。

c0206761_23592154.jpg
毛糸に結び目を作れはば、隅々まで綺麗!
しかも、結び目の大きさが自由自在に変えられる!!


これに味をしめて試したのが、
c0206761_23585388.jpg
鼻吸い器のホース。
こちらはまっすぐな形で長いので、針に糸を通して、それに毛糸を結びました。
針は重り代わりになるので、太めがオススメ。
このホースもず~っと掃除したいと思っていたので、
とっても綺麗になって幸せなのです。
まっすぐタイプのマグストローもこの方式でいけそう。

以上、いつか誰かの参考になれば。
同じ悩み?を抱えた人が、「鼻吸い器 洗い方」とかでググッてくれれば♪
[PR]

# by river-style | 2011-01-31 23:57 | こどもな日々
2011年 01月 29日
手作りをされている方へ。
朗報といえるのではないでしょうか!?

深大寺で手作り市が開催されているのは聞いたことがありましたが、
布多天神でも毎月開催されるようです。

深大寺手作り市・布多天神つくる市
出展料¥3,000。

井の頭公園は年間の登録で¥12,000位で審査があるので、少しためらいますが、
こちらは気楽に出展できそうです。

私もそのうちアンティークをリメイクしたインテリアなんかを出展してみようかな・・・
夢が広がります!
[PR]

# by river-style | 2011-01-29 17:41 | ???
2011年 01月 28日
団地の中の喫茶雑貨店
c0206761_18395311.jpg
そのお店は公団団地の商店街の一角にあります。

団地の中の商店街といえば、シャッターが下りたままで寂れていて、、、
というイメージがありますが、こちらの商店街は頑張り過ぎない程度の活気があります。
そんな中、従来の団地内商店とは少し毛色の違ったお店がこのお店。
c0206761_18394088.jpg
手紙舎・ヒバリです。
手紙舎は古本と雑貨のお店。
ヒバリは野菜を中心としたやさしいお料理を出すお店。
その二つが同居しています。


c0206761_18402727.jpg
そんなお店の裏の倉庫で今日から日曜日まで「遅れてきた新春フリマ」が開催されています。
先週末息子が風邪をひき未だに風邪菌を振りまくので、子連れの友人に会えずヒマだった私は、
息子に少しだけ頑張ってもらい自転車を走らせました!


c0206761_18401366.jpg
手紙舎・ヒバリに縁のある人たちが様々なものを持ち寄っている様子。
私が以前勤めていた会社の仕事中、何度かコッソリ見に行った古道具あきすけも出展していました。

c0206761_18402086.jpg
古いカメラも沢山。


c0206761_2129171.jpg
明るい倉庫内。


c0206761_18402334.jpg
なんだかよくわからないモノもあってわくわく。


c0206761_18402988.jpg
店内はお客さんで満杯だったので、写真を撮らせてもらうのは難しいかなと思ったので、
店内の棚をパチリ。
う~ん!飾らないのがいい!!(計算されているのかもだけれど。)

c0206761_1840439.jpg
お店の前では古本販売をしていました。
魅力的な本が100-300円。
骨董の本を一冊買いました。

その他購入したのは↓
c0206761_21233941.jpg
ぶりきのおまる!!
デッドストックで(さすがに中古はね・・・)古い¥200の値札が。
それを¥700でお買い上げ。
いったいいつ頃のものなんだろ。


c0206761_21233677.jpg
息子は自ら跨って遊んでいました。
なんの道具かは全くわかってない様子。


c0206761_21402867.jpg
このハンコの中からいくつか。名前のカタカナを。



学生時代に団地のコミュニティ再生で住民がコミュニティカフェを開いているのを見たけれど、
”頑張っている”感じは否定できなかった。
こうやってセンスのある店主が団地の中に入って、場所をつくりあげる。
それが自然で無理のないかたちなのかと思いました。

このお店はあるべくしてこの場所にある。
見事に溶け込んでいました。

今朝小児科で息子は喘息かもと言われ、若干落ち込んでいた私に
団地のお店が元気をくれました。

さあ、明日も早朝からネット予約して病院にgo!
お鼻吸ってもらおうね!
[PR]

# by river-style | 2011-01-28 18:05 | 骨董が好き
2011年 01月 27日
2in1
c0206761_19432714.jpg
吉祥寺小匙舎+みずたま雑貨店
二人の女性が骨董市で出会って意気投合。
吉祥寺に小さなお店を構えています。

みずたま雑貨店の店主の方のコラム、夢が広がります。

c0206761_19472038.jpg

井の頭通りの一本裏、まだまだ大手資本が進出していない静かな通りにそのお店はあります。

吉祥寺もだいぶ様変わりしましたね。
中道通り商店街あたりは昔は個人でやっている店がぽつぽつある位でしたが、
今や賃料が高騰して、個人で新規に借りて経営するのはかなり大変なようです。
この辺りもいずれそうなるのでしょうか・・・


c0206761_20321912.jpg
店内には国内外の古道具・雑貨が沢山。
女性らしい暖かいセレクション。


c0206761_20495067.jpg
ラトビア・エストニアの手編みモノ
デザインがオリジナルで細やか。
手袋を買おうか散々悩んで、今年は見送ることに。
来年は仕事がんばって買うぞ!


c0206761_20592335.jpg
子ども用靴下もかわゆい。
おばあちゃんの手編み。


↓店内写真
c0206761_2101849.jpg
c0206761_2102257.jpg

c0206761_2102569.jpg
ガラスの漏斗を使った照明、とても気に入ったのだけれど西荻窪無相創のものとのこと。
もちろん非売品。
無相創行かねば!


↓購入したモノ達
c0206761_2102892.jpg
フランスのカルトナージュ用モチーフ
豚と魚は日本で言う鶴と亀みたいに縁起のいいものだそうです。
今回は豚を購入。
6匹位つながっているところから、好きな子を選んだのでバリがついたまま。。


c0206761_2103119.jpg
こちらもカルトナージュ用モチーフ。
息子の写真でも真ん中に入れようかな。


c0206761_210335.jpg
オランダ(確か)のコーヒー用ペーパーバッグ



c0206761_2103515.jpg
こちらは新品現行品のタオル。
今治市のkontexという会社のもの。
触り心地が本当によい!
通常のタオルより細い糸を使っていて、その糸が切れないように低速の織機で作っているとのこと。
手をかけて作ると質のいいものができるという法則。


息子を連れて行ったのだけれど、ついつい長居してしまって、
店主の方に色々骨董情報を教えていただきました。

本当に素敵なお店、いつまでも続けて行って欲しいです。
[PR]

# by river-style | 2011-01-27 19:30 | 骨董が好き
2011年 01月 27日
その店6階、エレベーター無し。
c0206761_1375521.jpg
新宿駅より徒歩10分。
6階建てのビルの入口にある看板。
boil 6F
私の好きな骨董屋さん。


c0206761_142204.jpg
この入口から入って・・

c0206761_140953.jpg
6階ね~って、エレベーターが無い。
ひたすらこの階段。

c0206761_1452152.jpg
ほんとにここでいいの?って思うけど、励ますようにこの看板。

c0206761_1462813.jpg
ようやく6階!

c0206761_1465878.jpg
なんの飾り気も無い、この入口。
いいなぁ。

c0206761_1493013.jpg
店内は海外から直接買い付けてきたアンティークが中心。
キッチン用品が充実。

c0206761_1495045.jpg
この照明器具欲しいな・・・
ジャグも・・・

c0206761_15062.jpg
窓際にはガラス食器が多数。

c0206761_1502226.jpg
こちらのコップを二つ購入。
無駄な装飾が無く、ガラスの透明感・ツヤ・重量感を存分に感じることができる。
京都の作家さんの弟子が練習を兼ねて作成しているので、比較的安価で販売されているとのこと。
このガラスシリーズは現行品で定期的に仕入れているとのことなので、
今後もう少し数を買おうかと考え中。


c0206761_252656.jpg
もう一つ購入したのがこちら。
オランダのクリスマスツリー用のキャンドルクリップ。
モミの木に直接挟んで使用していたらしい。
もともとクリスマスツリーのあかりはキャンドルを本当に灯していたそう。
想像するだけで、暖まる話。

c0206761_254029.jpg
こちらは以前購入したカトラリー。
このときは妊娠中で、6階でもし産気付いたらどうしようと本気で心配したもんだ!

今回は息子なしの単独で行ったのだけれど、
次回は息子抱っこで挑戦するかな!
[PR]

# by river-style | 2011-01-27 01:33 | 骨董が好き