2010年 10月 29日
続大事なこと。。
c0206761_9294383.jpg
先日の乳幼児応急手当講習会の第二回。二回連続講座でした。

前回は乳幼児の心肺蘇生についてでしたが、今回はケガの調べ方と手当について。
その中で役立ちそうな項目をいくつか紹介します。。


【頭を打って救急車を呼ぶかの判断】
下のいずれかに当てはまる場合脳を損傷している可能性有。

・意識障害 頭をぶつけて一秒でも気を失った
・左右の瞳孔の大きさが違うor目が左右同じ方向を向かない
・痙攣(病気での痙攣はよくあるが、頭を打ったときの痙攣は危険)
・耳や鼻から赤や透明の液体が出てくる
・首から上に真っ黒いあざが出来た(特に目の周り耳の後ろをチェック。脳内出血の場合、頭蓋骨の隙間から血が滲む。)
・手足の麻痺

上記の場合は即救急車だが、頭痛や吐き気がある場合も早く専門医に見せる。


【広範囲のやけど】
・広範囲とは?
 体表面積の10%以上のやけど。
 頭全体、背中はそれぞれ20%
 腕一本、足一本、胸、おなかはそれぞれ10%
 目安として、乳幼児の場合マグカップ1杯の熱湯を被ったら救急車!

・対処方法
 水で冷しながら即刻救急車。
 広範囲のやけどはショック症状で体温の低下が心配されるので、救急車が来るまで患部以外の身体を温める。


【歯が抜けた】
抜けてしまった歯、くっつきます!
タイムリミットは3時間以内の治療

抜けた歯は生理食塩水(500mlの水に小さじ1の食塩)に浸して歯医者へGO。
家庭では新鮮な牛乳やソフトコンタクトの洗浄保存液で代用可能。
水で洗ったり、乾燥させないように注意。

歯が折れたときも同様にして持っていく。


【切断・・・】
指等が万が一切断されたとき。
用意するもの ジップロック2枚 氷たくさん

まず、ジップロックに切断された指等を入れ密封
次に、もう一つのジップロックに氷と上のジップロックを入れて、救急車で病院へGO!
動かせるようになるかはわからないが、かなりの確率でくっつくそうです。




想像するとブルッてきますが、役立つ時がくるのかも。。
特に男子の親は。

ご主人も子どもの頃はマンションの6階から雨樋を伝って下りたりしていたそう・・・
心臓鍛えておこう。。
[PR]

by river-style | 2010-10-29 10:33 | こどもな日々


<< 果実な離乳食      大好きな写真家 >>