2010年 11月 11日
陶芸な日々でした。のこと
豊山彬紘先生の回顧展へ行ってきました。
親子で風邪をひいていたため、最終日の夕方に何とか滑り込みセーフで。

豊山先生は昨年半年間だけ陶芸を教えていただいた先生です。

ちょうど息子がお腹にいることが判明した頃から、
お腹がかなり目立ち始めるまで。
私にとっては特別な日々でした。。

その先生が急遽されたのは昨年12月のことです。

息子の手が少し離れたら陶芸を再開しようと決めていました。
先生とは特別近い間柄ではありませんでしたが、
自分が考えていた近い未来に、居るはずだった人が居なくなるのは、
寂しいというか、何だ?といった感じです。

おそらく、息子が少し大きくなって陶芸を再開できる頃になったら、
また、先生の不在を想う気がします。。



先生の陶芸教室で焼いたモノと個人的に焼いたモノを少し載せます。
展覧会は残念ながら撮影不可でした。

c0206761_41796.jpg
兎の香合





c0206761_414415.jpg
丼になるはずが、、の器


c0206761_421797.jpg
目指せ絵画的花瓶


c0206761_412626.jpg
永久に脆い薔薇


c0206761_415382.jpg
実用数日のガラガラ


c0206761_422719.jpg
まさに道具の花瓶


c0206761_424430.jpg
千鳥の隊列或いは皿


c0206761_434339.jpg
茶色い


c0206761_435391.jpg
白い



陶芸仲間募集中。
窯アリマス。
[PR]

by river-style | 2010-11-11 22:13 | 家での色々


<< 手作りの幸せ。      産後初骨董市-高幡不動ござれ市- >>