2010年 10月 08日
大事なことです。
c0206761_22434334.jpg



先日、児童館で乳幼児応急手当講習会を受けてきました。

乳幼児の窒息死原因No.1はピーナッツだそうです。
気管とピーナッツの大きさがちょうど同じ位で、
かつ、ピーナッツは水分を含むと膨らんで取れなくなるとのこと。
子どもが小学生くらいになるまでは、家でピーナッツを食べない位にして欲しい!とのことでした。

で、肝心の応急手当です。。

まず、気道の詰まり除去。
前胸部を支え、前屈みで背中を5回叩く。詰まりが取れるまで繰り返す。
かなり、バシバシ叩いていました。

次に気道確保。(詰まりが無い場合はここから。)
よく顎を上に向けてと聞きますが、それはあまり効果が無く、
「あい~ん」の口にするのが有効だそうです。

そして人工呼吸。
鼻をツマミ、口から息を吹きいれる。もしくは、鼻と口を両方覆って吹き入れる。
1回1秒。2回連続。
この時入れすぎないのがポイント!
胸が少し膨らんだのを横目で確認できれば十分だそうです。

で、心臓マッサージ。
左右乳頭を結んだ線の真ん中を片手または両手の付け根で。
30回圧迫。
こっちは強く押すのがポイント!
少なくとも胸の1/3は凹むように。

2回吹き込み、30回圧迫を繰り返す。。。

もし、救助者が一人の場合は5サイクル(約2分)行ってから、救急車。
大人の場合はまず救急車を呼ぶけれど、乳幼児は最初の応急手当が肝心!!


この講習の役立つ時が来ないことを願いつつ、
万が一のときに自分に可能な全てのことが出来るように・・・
[PR]

by river-style | 2010-10-08 23:13 | こどもな日々


<< 坊主でした・・・      満開です。 >>